自慢話と不幸話

人間は自慢話をするのが好きだ。

  • 私は他人より優れている。
  • 私は他人より強い。
  • 私は他人より恵まれている。
  • 私の知り合いは優れている。だから私も凄いんだ!

そんな話をするのが人間は好きだ。

そして、人間は「凄いね!」って言ってもらいたいし、そう思われたい生き物だ。

でも、そんな話を聞いている方はどうだろう?

「こいつ自慢話ばっかしてきやがって!イラッ」

「お前の知り合いが凄いだけで、お前は何も凄くないぞ!イラッ」

って感じで、嫌なやつ扱いするだろう。

逆に不幸話は、どうだろうか?

「人の不幸は甘い蜜」ってことわざがあるくらいだ。

他人の不幸を聞くと人は、自分は他人より恵まれているだから自分は幸せなんだ。とか思ったりするだろう。

だからって、自慢話より不幸話をしろっていうわけではない。

会う度に、毎回毎回 不幸話を聞かされてみろ。

うざいだけだ。

人間は、そんなしょっちゅう不幸話を聞きたい生き物ではない。

理想の人間

  • 自慢話をしない。
  • 他人の話は聞いてあげる。
  • 他人を褒めてあげる。
  • 不幸話は、本当に他人の力が必要で助けて欲しい時だけする。

まぁ、とりまこんなとこか、

そんな他人を褒めたりおだてたりしたら、つけあがってマウント取ってくるって?

そんな豚野郎は、勝手に能天気につけあがらせとけばいい。

気づいた時には、周りが敵だらけになってるオチだ。

要するに、自分や身内や友人の自慢話をしても「あなたは幸せになれないよ」って話でした。

自慢話をしたくなった時、「グッ」と堪えられる人間が成長すると私は思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。