プロデューサーやプランナーを目指そう。

私の職業は、なんでしょうか?

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • プランナー
  • デザイナー
  • プログラマー

高校生の時から趣味で、ウェブ制作とゲーム制作をしてきた。

プロデューサーやプランナーになりたいと思い勉強していたのだが、

なぜかデザインやプログラミングの勉強が主になっていた。

プロデューサーやプランナーになる事が難しく、デザイナーやプログラマーとして働いてきた。

でも、デザイナーやプログラマーになりたいわけではないのでモチベーションが上がらず、どっちつかずでどちらも極められていない。

だからと言って、現状のスキルでプロデューサーにはすぐ成れないだろう。

仕事でプランニングもしていたから、頑張ればプランナーになら成れるかもと思う。

プロデューサーとは?

プロデューサーに必要なスキル

  1. 制作知識
  2. セールスライティング知識
  3. マーケティング知識
  4. 企画・提案力
  5. 管理能力
  6. コミュニケーション力
  7. 予算管理

サービスを企画・制作しリリースし運営維持し、掛けたコストに対して何倍も多くの利益を上げ投資家(会社)に貢献するような職業

例えば、毎月100万円の売り上げが出るサービスをプロデュースしたとする。

それは、凄い事だろうか?

一人で運営維持しているなら良いだろう。

だが、会社となると運営するのに10人以上の人員を雇用しているとして一人当たりの月給が30万円だとしたら毎月300万円のコストが永続的に掛かってくる。

売り上げ100万円-コスト300万円で、200万円の赤字になってしまう。

会社に所属しサービスをプロデュースするならば、最低でも毎月1000万円以上利益が出るサービスをプロデュースする必要があるという事だ。

今すぐ、毎月1000万の利益が出るサービスを企画しろと言われても直ぐに出せる自信はない。

プロデューサーになるには、毎月1000万以上の利益が出るサービスを企画できるよう成長しよう。

それを作るのに、どれくらいのコストが掛かってどれくらいの期間で作る事が出来てどのくらいで投資コストを回収でき、その後どれくらい利益が出るか計算できるようにもならないとね。

プランナーとは?

サービスがプラスに転じるよう企画する人

プラスとは利益に限らず、利用者数やリピーター数の事を指す。

利用者数やリピーター数が増えれば結果的に利益がプラスになる。

顧客の購買意欲を高める等、様々な企画を考えよう。

プランナーも、そのプランがどのくらい利益があがるか考えて企画する必要がある。

プロデューサーを目指すならプランナーを経験してからの方が成れやすいと思う。

とりあえず、今日は以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。