XAMPPの設定とWPの設置

やりたい事

  • web portfolioの作成
  • AWS環境構築
  • WP環境構築
  • Git環境構築

ステップ1 ローカル環境での作業

xamppの起動

他色々設定必要だけど、過去の記事参照よろ

https://zeno.hatenablog.jp/entry/2019/12/01/060732

https://www.granfairs.com/blog/staff/apache-vhost-2017

httpd.confの設定

C:\xampp\apache\conf\httpd.conf

Listen 80
Listen 8080 ←追加する。

VirtualHostの設定

C:\xampp\apache\conf\extra\httpd-vhosts.conf

NameVirtualHost *:80
NameVirtualHost *:8080
<virtualhost *:80>
 ServerName xxxx.xxx
 ServerAlias *.xxxx.xxx
 VirtualDocumentRoot “c:/xampp/htdocs/vhosts/%0”
<directory “c:/xampp/htdocs/vhosts/*”>
  Require all granted
</directory>
</virtualhost>

<virtualhost *:8080>
ServerName localhost
VirtualDocumentRoot “c:/xampp/htdocs”
<directory “c:/xampp/htdocs”>
Require all granted
</directory>
</virtualhost>

%0とは、下記参照

【apache】VirtualDocumentRootで、ディレクトリを作るだけでサブドメインが作れる

hostsの設定

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

#ローカル鯖用
127.0.0.1 localhost
127.0.0.1 misterylab.local
127.0.0.1 miracle.local

localhostのとこは、要らないかも?

とりま、ローカル環境にwp環境用意しておきたい。

DBの用意

下記にアクセス

http://localhost:8080

ページ上部にあるphpMyAdminにアクセスする。

データベースタブをクリックして、データベースを作成する。

文字コードは、utf8mb4_general_ciにしておくのが無難かな。

理由は、4bitの文字が文字化けするとかなんとか。

WPのインストール

WPをダウンロードしてきて解凍して、ディレクトリーに突っ込む。

そしたら、そこにブラウザからアクセスする。

私の場合は、下記な感じ

http://misterylab.local/wp/

そしたら、用意したDBを設定して適当にインストールしたら、とりあえず完了

グローバル環境にWPをインストール

XREA借りているのでXREAにWPインストール

とりあえず、下記にWPをインストールした。

https://misterylab.com/wp/

URLは、後でごちょごちょ変えれるからとりあえずこのままで。

WPは、一旦ここで置いといてAWSの方に行きたいな。

AWSは、次の話で…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。