産業について

衣食住サービス

産業の分野を大きく分けると、衣 食 住 サービスの4つの分野に分ける事が出来ます。

zozoタウン・アマゾン・楽天等

ウーバーイーツ・出前館・他

不動産屋・スーモ・ホームズ

サービス

  • 銀行
  • 保険

動画・漫画・ゲーム・SNS等

探す・調べる:

google・yahoo・価格ドットコム・アマゾン等

コミュニケーション:

電話・メール・line・スカイプ等

GAFA:

google apple facebook amazon

第一次・二次・三次・四次産業革命

産業革命は、4つの分野に分かれる。

第一次産業

第一次産業は、主に自然から取れる物を収集し販売する産業

  • 農業
  • 林業
  • 漁業
  • 畜産業
  • 鉱石

第二次産業

第二次産業は、自然から取れた物を加工し販売する産業

  • 機械加工
  • 工場
  • 建設業
  • 食品メーカー

第三次産業

第三次産業は、主にサービス業

物を売るのではなく、サービスでお金を得る産業

  • 銀行
  • 保険
  • タクシー
  • バス・電車

第四次産業

第四次産業は、これからの時代に来る新しい産業

第一次〜第三次までの今まで人が労働力として使われていた産業を機械に行わせる事によって人件費削減及び業務効率化する。

  • AI
  • ロボット
  • ドローン

農業分野にロボットとAIを導入し全自動化

漁業分野にロボットとAIを導入し全自動化

今まで人がやっていた事を、機械にやらせる。

第一次産業から始まり時代が進むに連れて、産業の機械化が進んでいく。

労働者の代わりに機械が労働力として使われるようになると、頭が悪い人間は低賃金の仕事をするしかなくなる。

そうなると婚姻率が低下し、少子高齢化が進む。

経営者は安い労働力で商品を生産し財を蓄え、労働者は低賃金で働き続け貧富の差が広がる世の中になる。

人口が減ると消費が減り、需要と供給のバランスが崩れる。

地球規模で言うと人口は増えているが、先進国は少子化が進んでいる。

少子化が進んでいる国では物がどんどん売れなくなるので人口が増えている国に物を売り外貨を獲得するビジネスを確立する必要がある。

中国・インド・アフリカなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。