ポートフォリオサイト制作の進捗について

ポートフォリオサイト制作が一向に進みません。

デザイン制作の段階でストップしています。

原因と対策を考えたいと思います。

原因

  • 無駄にクオリティを高くしようとしている為
  • イラストやアニメーションでハイクオリティにしようとしている為
  • 実は、イラスト制作はあまり好きではない。
  • ウェブデザインとイラスト制作をごっちゃにしている為
  • 最終的な実装象を、制作途中で随時変更している為(ついついあれやこれややろうとしてデザイン崩壊を起こしている。)
  • 数千万円レベルのサイトを作ろうとしている。
  • ポートフォリオサイトに、そこまでの時間的コストを掛ける価値が無い。
  • 等々

解決策

  • アニメーション・イラスト・ウェブデザインを完全に分けて考え制作する。
  • クオリティの簡素化
  • アニメーション等のハイクオリティ化は、後実装にする。
  • 最終的な実装象を明確にイメージし、変更しない。
  • ポートフォリオサイトに時間を掛けない分、他の部分に時間を掛ける。
  • ポートフォリオサイトを簡素化する代わりに、ダミーサイトや作品数に時間を掛ける。

悩み事

ウェブサイトの縦横サイズについて

ウェブサイトの縦横サイズは、サイトによってマチマチであり正解は無い。

逆を言えば、全てが正解である。

ユーザーのディスプレイサイズによって表示が変わる。

スクロールさせる?させない?

ページスクロールさせないサイトは、それはそれで魅力的ではあるが情報量が凝縮されてしまう。

最近は、ページをスクロールさせ次から次へとユーザーへ情報をアプローチしていく形が流行っている。

ウェブサイズ難易度一覧

  • Lv.1 横幅固定・縦幅フリー(横幅を任意のサイズに固定する為、ディスプレイごとの変化に対応する必要性が低くなる。)
  • Lv.2 横幅100%・縦幅フリー(横幅100%にする為、ディスプレイによっての表示に気を付ける必要がある。)
  • Lv.3 横幅・縦幅をディスプレイサイズに合わせページスクロールをさせない。(横幅と縦幅をディスプレイサイズに合わせる為、各ディスプレイの表示に気を付ける必要がある。)

Lv.2が主流

Lv.3は、画面全体に表示し、スクロールをさせない事でゲームのようなサイト表現が出来る。

ページに表示する情報量に制限が掛かる為、色々気を付けないといけない。

例えば、メニューの表示数だったり、まぁメニューの部分だけスクロールさせるとかそういう手法を用いれば解決できるがデザインやコーディングでの作業量は増し、その分多少ページ容量が重くなる。

制限がある分、制限がある中で色々と表現が出来るという事がメリットかな。

メインメニューの位置について

メインメニューの位置について迷っています。

  • ヘッダーナビゲーションにメインメニューを置くべきか、
  • 左縦メニューにメインメニューを置くべきか、

どちらも正解である為、どちらがユーザーにとって使いやすいかを念頭に考える必要がある。

メインメニューだけで考えれば、どちらでも良いのですが階層ページで階層ページメニューを実装する予定なので

階層ページメニューをどうするかが絡んでくる。

例えば、左縦メニュー位置にメインメニューを置いたとして、

階層ページメニューも左縦メニューに実装するの成らば、アコーディオンメニューのような形にする等の検討が必要になってきます。

とりあえず、デザインを簡素化する事を決めたのでワイヤーフレームを修正します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。