俺はプランナーになる!

色んな仕事を経験し色々と考えてきましたが、私はプランナーに成ろうと思います。

若い頃の夢はプロデューサーになる事でしたが色々と道を間違えて、かなり遠回りをしてしまいました。

プロデューサーになるつもりが、プログラミングの勉強をしたりデザインの勉強をしたりでプロデューサーになる勉強やプランナーになる勉強をする時間が無く、そんな状態でプランナーやプロデューサーの面接に行くも受かるわけなく、妥協でプログラマーやデザイナーをしていました。

プロデューサーやプランナーになる為には、プログラミングはプログラマーにデザインはデザイナーに任せる事を考え、自身はプランニングやプロデュースの事を考える事に集中する事が大事だと、やっと気づきました。

社会人は時間が無くても、ほんのわずかな時間でも、ちゃんとしっかり明日の未来の事を考える事がとても重要だと今一度 確信しました。

プロデューサーになる日は、まだまだ先に成りそうですが、まずはプランナーに成ろうと思います。

その為には、面接に持っていく武器(資料)を揃える事から始めたいと思います。

もし、色々受けて駄目ならタクシー運転手になるかな。

IT系の制作職には、実績があるので余裕で受かりますが…

んー、あまり制作はやりたくないんだよね…

きっと、面接の時に「プランナーでは無くプログラマーかデザイナーでなら雇ってもいいよ。」と言われると思うのだが…

その時の返事に困る…

正直、かなり迷う。

ただ単に金を稼ぐという意味ではありなのだが、やりがいを見出せるかがわからん…

本当にわからん…

面接に行くまでに、その返答も考えて置かなければ…

給料40万で、プログラマーやデザイナーとして採用してあげるよって言われたら普通の人ならよろしくお願いしますってなるだろうけど…

金じゃないんだよね…

自分自身のアイデンティティというか…

まぁ、プログラマーやデザイナーと採用されたとしてもサブプランナーとしてプロジェクトに口出しは出来るのだが本質というか操縦が下手な船長に横から口出ししているようなもので口出ししたところで舵が上手く働くとは言えない。

操縦が上手なプランナーさんやプロデューサーさんなら良いのだが今までの経験上あまり良い目を見た事が無い。

全てでは無いが、船長が舵を握らない船に乗っていた事もある。

もちろん座礁して沈没した。

責任を取りたくないから誰も舵を握りたがらない。そんな船だった。

これだけは言っておくが、素晴らしいプロデューサーさんやプランナーさんも居ましたよ。

自分の方向性は決まった。

プランナーになり、将来はプロデューサーとして会社の舵を握っていけるような人間になりたい。

駄目ならタクシー運転手。

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。